細胞の写真

性病には様々な種類があります。
男女共になりやすい性病として性器カンジダ症があります。
性器カンジダ症はカンジダ属の真菌(カビの一種)が原因で起こります。
カンジダ菌はもともと人の体内に存在している菌ですし、生活するうえでどこにでもいる菌ですが、女性は体調不良や体力の低下、抗生物質を服用する事で膣内環境が変化してカンジダ菌が増えてなる場合もあります。
症状としては女性は外陰部のかゆみとヨーグルト状のおりものが増加し臭いがでます。
男性は症状が出にくいですが亀頭にただれやかゆみや小さな水泡ができたりします。

次にクラミジア感染症があります。
クラミジア感染症はクラミジアトラコマスティスと言う病原体により感染する性病です。
性器に感染すると性器クラミジア感染症、喉に感染すると咽頭クラミジア感染症と呼ばれます。
症状としては女性は子宮頚管に感染して子宮頸管炎をおこします。
おりものが増え不正出血や腹部の痛みを感じます。
男性は尿道炎になったり副睾丸炎になりやすく膿が出たり排尿痛やのょう道の不快感が現れます。

トリコモナス炎症は原虫によって引き起こされる性病で、性交渉でも感染しますが、下着やタオル、浴槽、便座を経由して感染する事もあります。
症状としては女性は泡状で悪臭の強いおりものが増加し外陰部の強いかゆみと痛みがでますし、膀胱炎なども引き起こします。
男性はほとんど症状が見られませんが、まれに尿道から分泌物がでたり軽い排尿痛がでます。
トリコモナス炎症はフラジールで治療しましょう。

尖形コンジロームと言う性病もあります。
性交渉で感染する事があり、一定の潜伏期間を置いて発症します。
症状としては女性は大小陰唇、膣前庭、膣に、男性は亀頭や包皮、冠状溝に先の尖った硬い腫瘍が出来ます。
大きさや発生した位置により痛みやかゆみがでたり、性行時に痛みや出血がある場合があります。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ