• ホーム
  • 性病の中でもhiv感染は市販薬では到底対処できない

性病の中でもhiv感染は市販薬では到底対処できない

性病は多くの場合市販薬でも治療が可能になっています。
確かに菌や原虫を殺す薬があれば良いので、それほど退所は難しくありません。
病院の薬でなければ効かない性病もありますが、多くの場合で完治が期待されています。
しかし、そのような性病の中でも非常に難治性の物があります。
それはhiv感染によるものです。
この場合は、到底市販薬では対処できません。
むしろ医療機関で取り扱っている薬でも完治が不可能であるというのが現状です。

そのためhiv感染によって精神的に苦しい思いをしたり、生きがいを失うケースもあります。
中にはパートナーとの不和を引き起こし支えとなる人を失うケースもあるのです。
しかしhiv感染だけでいきなり亡くなるわけではありません。
多くの方がhiv感染とエイズを誤解されていますがhiv感染とはあくまでウイルスに感染しただけなので感染源になり得るという問題以外は身体的に影響が出るわけではありません。
エイズを発症してから免疫力などが低下していくのです。
また潜伏期間が長いので十年前後は変わらない生活が出来ます。

流石に市販薬というわけではありませんが、エイズの発症を抑える薬も開発されてきており、寿命をのばすことも可能になっています。
研究により、少しずつ明らかとなっている疾患ですので今後の動向を留意しながら、治療方法を検討する事が必要です。
そして罹っていない人は、定期的にエイズ検査を受けましょう。

現在では安全なエイズ検査キットを使用して、自宅にいながら自分で検査することができます。
罹っている人から感染しないように性行為時にはコンドームの着用を徹底する事や、適切に病気を理解する事が求められます。
また派手に異性と関係を持たず、誠実に生きる事が重要といえます。
そして疾患を持った場合には医師らのサポートを受けながら、生活が継続できる方向性を考えられるようにしましょう。